陶磁協会賞とは
歴代受賞作家
受賞作家展




Top > 陶磁協会賞 > 陶磁協会賞とは



「日本陶磁協会賞」は、「毎年その年の尤も優秀な焼物を作った新進の作家、2名乃至3名を選んで表彰しよう」との加藤土師萌氏の提案によって、昭和29年初春に制定されたのが始まりです。第1回の受賞者は清水卯一氏と熊倉順吉氏でした。
そして、昭和34年に受賞作家11名により「日本陶磁協会賞受賞作家展」が開催されました。
さらに昭和48年より、新進ということにこだわりなく、その年の最も優秀な作家に対して「日本陶磁協会賞」が、また陶芸界に大きな足跡を残したベテラン作家および、すでに協会賞を受賞した作家の活動に対し、「金賞」を授与することを決議し、現在に至っています。ちなみに、第1回の金賞受賞者は八木一夫氏でした。(歴代作家参照)
また毎年2月には、和光ホール(銀座・和光)にて「日本陶磁協会賞受賞作家展」を開催いたしております。
なお、日本陶磁協会賞についての詳しいお問い合わせは、社団法人日本陶磁協会・事務局までご連絡下さい。


■平成28年度 日本陶磁協会賞・金賞受賞者選考結果報告

    平成28年度 日本陶磁協会賞重松あゆみ
    平成28年度 日本陶磁協会賞金賞伊藤慶二

平成28年度「日本陶磁協会賞・金賞」の選考委員会が2月1日(水)午後3時より、銀座・和光本館6階会議室にて開かれました。今回、候補者として協会賞72名、金賞42名を美術館・博物館の学芸員、美術ジャーナリスト、ギャラリー関係者、陶芸作家(金賞受賞作家)など専門の方々54名からご推薦いただきました。その結果、協会賞候補には重松あゆみ、内田鋼一、中村康平、井上雅之、伊藤秀人、猪倉高志、石橋裕史、稲崎栄利子、植葉香澄、大塚茂吉、金重愫、川崎毅、川端健太郎、黒田泰蔵(金賞推薦者1名)、柴田眞理子、長江重和、森山寛二郎、山田晶、秋永邦洋、石山哲也、泉田之也、伊勢崎晃一朗、板橋廣美、伊藤慶二(金賞推薦者4名)、伊藤正、植松永次、十一代大樋長左衛門、岡本作礼、加藤清和、加藤智也、川上清美、金憲鎬、近藤なを、佐伯守美(金賞推薦者1名)、十五代酒井田柿右衛門、酒井博司、十五代坂倉新兵衛、作元朋子、島村光、清水一二、高野好子、高橋奈己、田中佐次郎、塚本満、辻村塊、堤展子、徳澤守俊、徳丸鏡子、十四代中里太郎右衞門、中田一於(金賞推薦者1名)、中村卓夫、楢木野淑子、新里明士、西端正、橋本知成、橋本昌彦、長谷川直人、林香君、林茂樹、原憲司、福島武山、藤ノ木土平、星野暁(金賞推薦者1名)、松澤恵美子、松田百合子、松本ヒデオ、南野馨、明主航、三輪華子、山野千里、米田和、和田的の72名が推薦されました。

推薦された陶芸家の資料を選考委員に送り、集計を取った結果、重松あゆみ、黒田泰蔵、中村康平、内田鋼一、金重愫、高橋奈己、星野暁、石橋裕史、井上雅之の9名の陶芸家が選ばれました。

今回、とくに点数の高かった上位2名の1人、重松さんの推薦理由は、「重松あゆみは、京都市立芸術大学大学院を修了し現在は同大学教授として後進の指導に当たっています。重松の創作活動は、同大学院修了以降、大阪の「ギャラリー白」で毎年継続的に個展を開催し、東京では「ギャルリ・プス」をはじめ多数の個展を開催しています。また、パブリックの美術館での工芸のグループ展には必ずノミネートされ注目の作家の一人であります。作品は東京国立近代美術館工芸館、兵庫陶芸美術館など多数の美術館に所蔵されています。重松の作品の特徴は、初期には不思議なトポロジーな局面を持った形態であったが、この数年は表面の造形より「内と外」の構造に加えて「円い穴」が出現するに至っています。

また、作品に施された優美な色調がフォルムとマッチしています。重松の独自の作風は、トポロジー的な形態の中に「仕組みのおもしろさ」と彼女の意識に内在する観念の世界が表出され魅力的なものとなっている。2016年のギャルリ・プスでの個展では、今までの作品が集大成したかの様である。最近は縄文土器に魅せられ新潟へ通い実物を見て、触れたりしたのを作品化し、「現代の縄文土器」かのような重松作品となっている。今後、縄文土器を深く研究することでどのような新しい展開となるか期待が膨らむとともに力量のある女流陶芸家として位置づけられると思います。」他、たくさんの方々からご推薦を頂戴いたしました。

一方、黒田泰蔵氏の推薦理由は、「白磁のロクロ成形に抜群の技を示している。私は現在、白磁の器においてはもっとも優れているとみている。無所属であるため、一般的に注目されてこなかった。」とあります。
協議の結果、黒田氏は協会賞の対象というより、むしろ金賞にふさわしい作家であり、今後さらに黒田氏の作陶を注目していくことで意見の一致を見ました。よって、今回は、これまでも推薦者の多かった重松あゆみさんを協会賞とすることで、選考委員全員一致で決まりました。

重松あゆみさんの作陶については、推薦者の文章で詳しく語られていますが2001年、茨城県陶芸美術館で開催された「現代陶芸の精鋭」に収載されている重松あゆみの制作についての解説によると、「重松の制作は、いわゆる紙の上のデッサンではなく、手のひら大の粘土マケットをつくることから始まる。作家の手指の動きが新しいかたちを見つけだす。ここまでがいわばウォーミングアップ。かたちの方向性が見えてくると本番となる。下から上へ粘土紐を手びねりで紡いでゆく。ある時点から今度はそれを寝かせるなどして別の方向へ形が伸びていくこともある。マケットどおりに進むことはむしろまれである。制作の過程で土の積み上げ方を随時調整していかなければならない。成形が済むと、作家はかたちを強調すべく刷毛で色化粧する。作品が乾き切らないうちに手早く刷毛をさばき、石で磨いて表面をつぶし、色のグラデーションをより形に馴染ませていく。さらに油で磨いてつやを出し、940度で焼くというのが重松のここ十年来の基本プロセスであった」とあります。この独自の造形作品とその制作姿勢を評価しての受賞となりました。それでは、主な陶歴をご紹介します。

平成28年度 日本陶磁協会賞 重松あゆみ
1958年大阪府豊中市に生まれる
1970年神戸市に移住
1981年京都市立芸術大学美術学部陶磁器科卒業
1982年「京展」市長賞受賞、ギャラリーマロニエ(京都)にて初個展
1983年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了、在学中鈴木治に学ぶ、「京都クラフト展」奨励賞受賞
1984年朝日現代クラフト展」優秀賞受賞 ギャラリー白(大阪)にて個展(以後毎年開催)
1989年「第2回国際陶磁器展'89」美濃審査員特別賞受賞
1991年ギャルリ・プス(東京)にて個展
1993年「現代の陶芸1950-1990」(愛知県美術館)
1994年「クレイワーク」(国立国際美術館)
1995年神戸キワニスクラブ文化奨励賞
1996年神戸市文化奨励賞
1998年「つくり手たちの原像」(滋賀県立陶芸の森陶芸館)、「「かたち」の領分─機能美とその転生─」(東京国立近代美術館工芸館)、第10回倫雅美術奨励賞
1999年「Women in Clay,Window to the 21st Century」(Gallery of the International Ceramic Studio ハンガリー)
2001年「現代陶芸の精鋭」(茨城県陶芸美術館)
2002年「アジア環太平洋国際現代陶芸展」(台北県立鶯歌陶磁博物館 台湾)、「Japan in BLEKINGE」(Kulturcentrum,Ronneby,スウェーデン)、「Japanese Ceramic」(Cultuurcentrum Scharpoord,ベルギー)、「現代陶芸の百年展第一部「日本陶芸の展開」」(岐阜県現代陶芸美術館)
2003年「柳原睦夫と現代陶芸の尖鋭たち」(高知県立美術館)、「大地の芸術─クレイワーク新世紀」(国立国際美術館)
2004年「Ceramic for Use:A New Perspective」(ハワイ州立大学)
2005年「`Collect´」(The Victoria & AlbertMuseum)、「近代工芸の百年」(東京国立近代美術館工芸館)
2006年「日本陶芸百年の精華」(茨城県陶芸美術館)
2007年「第2回パラミタ陶芸大賞展」(パラミタミュージアム)、「SOFA NEWYORK」(ParkAvenueArmoryアメリカ)、「魅せられる…今、注目される日本の陶芸展」(滋賀県立陶芸の森陶芸館他)
2008年「現代の造形 ─Life&Art─陶で彩る」(東広島市美術館)
2009年「Touch Fire」(スミスカレッジ美術館)
2011年「現代陶芸の地平を拓く」(兵庫陶芸美術館)、「East─West Ceramic Collaboration V」(ハワイ州立大学)、「やきものを愉しむ」(碧南市藤井達吉現代美術館)
2012年「IAC/AIC NEW WORLD:TIMELESS VISIONS」(ニューメキシコ美術館)
2013年「美術の中のかたち─手で見る造形 近いかたち、遠いかたち 岡晋司・重松あゆみ・中西学」(兵庫県立美術館)
2014年「やきものって何ダ?─陶芸美術館8館の名品に学ぶ─」(兵庫陶芸美術館他)、「アイデンティティとオリジナリティ─現代陶芸新収蔵品展─」(兵庫陶芸美術館)、「Moving Objects IAC会員展」(ダブリン城 アイルランド)
2015年「REVELATIONS FINE CRAFT AND CREATION FAIR」(Grand Palais Paris)
2016年「知命 50代の挑戦展」(伊丹市立工芸センター)、「Ceramics in architecture and public space IAC 会員展」(Design Hub Barcelona)



次に、金賞の候補者として小川待子、林康夫、前田昭博、中島晴美、伊藤慶二(協会賞推薦者1名)、金重有邦、前田正博、三原研、中里隆、三代宮永東山、佐藤敏、中村錦平、福島善三、八木明、石原祥嗣、五代伊藤赤水、十四代今泉今右衞門、大塚茂吉(協会賞推薦者2名)、大平和正、金重晃介、八代清水六兵衞、黒田泰蔵(協会賞推薦者2名)、高鶴元、佐伯守美(協会賞推薦1名)、阪谷洋子、笹山忠保、武腰潤、竹中浩、田嶋悦子、玉置保夫、辻村史朗、中田一於(協会賞推薦者1名)、原田隆子、平川鐡雄、昼間和代、星野暁(協会賞推薦者1名)、松井利夫、美崎光邦、皆川典子、三輪和彦、大和保男、吉田美統の42名が推薦されました。

推薦された陶芸家の資料を選考委員に送り、集計を取った結果、小川待子さんと伊藤慶二氏が同点の高得点で、その次が金重有邦氏でした。

小川待子さんの推薦理由は「土を焼く、焼かれた土の素材感から作品が生まれる。土特有の美しい素材感を無視した作品が増加している現代陶芸への警告のような作品は重要。制作の姿勢に媚がない」など沢山いただきました。 伊藤慶二氏の推薦理由は、「ヒロシマ・ナガサキなど社会性の強いメッセージをもつ作品を、生涯をかけて作り続けている貴重な作家。土に即した造形であり、媚がない」「常に変化し続け、留まることなくチャレンジし続ける制作の姿勢には驚くばかり。今年の新宿柿傳ギャラリーでの個展では、古典のエッセンスをデザイン的に捉えた茶碗に新鮮な境地を開いた。また、名古屋の個展では、漆を用いた盤など、さらなる展開が試みられている」などでした。

金重有邦氏の推薦理由は、「備前焼中興の祖・金重陶陽の弟であった金重素山は、土本来の持つ魅力を存分に表現した。その素山の血を引く有邦氏は、金重の姓を名乗る宿命を背負いながら備前のあるべき姿を強く意識し、その道は時代にあるべき一歩先を常に進んできた。菊池寛実記念智美術館で見せた作品群は、その一つの集大成でありながら、命を削って掘り出された魂のような茶碗からは、まだまだ前進する強いエネルギーを感じた。そして壺中居で見せた花入・水指の緊張感と重厚な存在感に、扱いの難しい土に敢て取り組み、備前らしさを追求する作風の一つの完成形を見ることが出来た。六古窯としての歴史を継承し、現代そして次の世代につなぐ備前の在り方を、強い精神性で牽引するその姿勢を評価し、金賞に相ふさわしいと考え推薦する」などでした。
今回は、とくに点数の高かった上位2名について選考委員で協議した結果、伊藤慶二氏に金賞を送ることに決まりました。

伊藤氏は武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)で油絵を学び、二十代半ばより勤務した岐阜県陶磁器試験場で、クラフト運動の指導者であった陶磁器デザイナーの日根野作三氏と出会い、その日根野氏からやきものの造形に対するデザインの重要性を学びました。伊藤氏が作陶を始めることになった理由も、紙の上のデザインだけでは土についても轆轤についても何も分からないことを痛感したからだといいます。その結果、量産のためのペーパーデザインではなく、一つ一つが独立した個のデザインに行き付きます。伊藤氏の作品は、平面にしろ、立体にしろ、その基本のデザインがしっかりしているので、器を中心とした仕事から陶の立体造形に移行しても、その根幹はなにも変わりません。伊藤氏は黒陶と出合って、初めてやきものによる自己表現が可能になったといいます。そして、素材としての土の質感を引き出すために薪窯を造りました。伊藤氏は、造形物に釉薬を使うことを極力避けます。釉薬で覆うことによって、ものの本質が見えなくなってしまうからです。80年代に入ると黒陶とは異なる、顔料を直接土に塗り付けるという方法で、土の質感をさらに引き出した作品へと変わります。

伊藤氏のライフワークともいうべき《HIROSHIMA》シリーズは、「同時代人として伝えていかなければならないという想い」から始まったもので、年代を重ねるごとに制作を継続する作品には、作者の鎮魂の想いが込められています。また、《沈黙》シリーズは、作品について多くを語ることを嫌う伊藤氏らしい作品で、沈黙の中にもいろんな表情があることを教えてくれます。《尺度》シリーズは、人が生活する上での「ものさし」を通して、伊藤氏自身の心の「ものさし」、その生き方を暗示しているようです。
近年取り組んでいる《つら》シリーズは、人の面、顔のことですが、じつに表情豊かな作品群であります。そこには、喜怒哀楽、老若男女といったさまざまな表情を通して、人間の在り様を問い掛けています。この《つら》シリーズが、東日本大地震以降に作家の内部で浄化され、やがて《鎮魂》や《祈り》といった作品に繋がっていきます。

こうした作家活動や多治見市陶磁器意匠研究所や石川県立九谷焼技術研修所の非常勤講師として、多くの若い作家を育てあげたことが評価されての金賞の受賞でした。 それでは、主な陶歴をご紹介します。

平成28年度 日本陶磁協会賞金賞 伊藤慶二
1935年岐阜県に生まれる
1958年武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)卒業
1960年岐阜県陶磁器試験場デザイン室に勤務(〜65年)同試験場にて日根野作三に師事
1963年J.D.C.A.(日本デザイナークラフトマン協会)入会(〜82年)。「第1回朝日陶芸展」クラフト部門出品(以後、第四回まで毎回出品)
1967年「毎日国際陶芸展」前衛部門に出品
1968年J.D.C.A.一般公募のクラフト展審査員を務める
1970年この頃から多治見市意匠研究所(〜2000)、石川県立九谷焼技術研修所(〜現在)の非常勤講師となる
1975年土岐市泉島田町(現住所)に工房を建て、ガス窯を設置。J.D.C.A.理事となる
1978年第八回世界クラフト会議日本クラフトコンペにて「〇△□(プレート)」美術出版社賞受賞(京都)
1979年「第20回暮らしを創るクラフト展」優秀賞受賞
1980年土岐市五斗蒔に薪窯を築窯。J.A.C.(国際陶芸アカデミー)入会(2008退会)
1981年「第39回ファエンツァ国際陶芸展」にて「仏足のゆくえ」買上賞受賞(イタリア)
1983年荒木高子と二人展(サンフランシスコ)
1984年「国際陶芸展(CERAMICS×27)」(ブダベスト)
1989年岐阜県陶磁資料館、「王の祈り」美濃陶芸作品永年保存買上
1994年滋賀県陶芸の森招聘講師となる
1998年「第五回国際陶磁器展美濃」の専門委員を委嘱される(〜第7回)。ハワイ大学企画EAST WEST cramic Collaboration招待
2000年「うつわをみる 暮らしに息づく工芸展」に「膳シリーズ」を出品(東京国立近代美術館工芸館)
2003年ORIVE 2003 in NY(ジャパンソサエティ)
2005年内田繁と二人展(東京・巷房ギャラリー)
2006年岐阜県芸術文化顕彰
2007年「第4回円空大賞」 円空賞受賞。「土から生まれるもの:コレクションが結ぶ生命と大地」展(東京オペラ・シティ・アート・ギャラリー)
2008年「第8回国際陶磁器展」美濃・国際陶磁器コンペティション陶芸部門審査委員長を務める(セラミックパークMINO、岐阜)
2009年個展「伊藤慶二『面』展(陶彫)」(ジェイアール名古屋高島屋)
2011年「伊藤慶二 こころの尺度」展(岐阜県美術館・パラミタミュージアム)
2012年「3.11鎮魂展」(アルテマイスター)
2013年「伊藤慶二展」(岐阜県現代陶芸美術館)、地域文化功労者表彰(文科省)
2014年「伊藤慶二─〈面〉シリーズ─」(東京・LIXILギャラリー)
2017年「忘れてはならない記憶伊藤慶二展」(広島・オリエンタルデザインギャラリー)


今回の選考委員は、赤沼多佳、伊藤嘉章、梅澤信子、唐澤昌宏、竹内順一、戸田博、中ノ堂一信、宮島格三、森孝一の9名でした。

推薦者は、青野惠子、青山和平、秋山陽、秋元雄史、石﨑泰之、市川文江、乾由明、井上隆生、上西節雄、内田篤呉、梅田稔、榎本徹、加藤清之、川上智子、川瀬忍、岸桂子、黒田和哉、黒田耕冶、桑山俊道、纐纈幾世、小西哲哉、小吹隆文、坂本直樹、嶋田修、下村朝香、正村美里、白田豊、杉山道夫、鈴木藏、鈴田由紀夫、大長智広、坪井明日香,外舘和子、中島宏、中林幸雄、橋本龍史、花里麻理、林屋晴三、深見陶治、福田朋秋、藤間寛、鈎真一、マルテル坂本牧子、三浦努、三輪休雪、目黒伸良、森野泰明、八木光恵、矢崎孝子、安田尚史、柳原睦夫、山中英之、横堀聡、吉澤敬子、以上54名でした。

忘れてはならない記憶  伊藤慶二展
と き 4月6日(木)〜5月9日(火)
ところ オリエンタルデザインギャラリー
TEL 082(240)9463
内 容 「HIROSHIMA‐土」「マスク」のほか、絵画作品「HIROSHIMA」「黒雨」「顔」などを出品。ライフワークとして制作してきた「HIROSHIMA」シリーズが広島の地で初めて発表されます。
 ※4月6日(木)午後6時30分から記念講演会が開催されます(要申込)。